【エロ・怪談・バトル】岡野剛のオススメ漫画作品ランキング!

岡野剛

多くのジャンプ読者、特に小中学生の心を鷲掴みにした漫画家といえば、岡野剛(おかのたけし)。

中でも原作、真倉翔(まくらしょう)とのタッグで生まれた「地獄先生ぬ~べ~」には、性の目覚めとトラウマを同時に植え付けられた読者も多いはず。笑

最近では珍しくない漫画家同士のタッグ。「大場つぐみ×小畑健」なんかが有名だけど、岡野剛×真倉翔はその先駆けかもしれない。(真倉翔も元ジャンプの漫画家)

ドラゴンボール、スラムダンク、幽遊白書などの看板作品が抜けた少年ジャンプで、和月伸宏の「るろうに剣心」や藤崎竜の「封神演義」と共に暗黒期を支えた漫画家でもあります。

思春期の青少年たちが一番見たいものをそのまま絵で表現できる天才。エロ×怪談×バトルの岡野剛作品をおすすめ順にランキングで紹介!

5位 デジモンネクスト

あらすじ・作品解説
地獄先生ぬーべーで有名な漫画家、岡野剛によるデジモンを題材にした漫画。
デジモンのアニメのコミカライズではなく、ストーリーは漫画オリジナル。
Vジャンプで2006年から2008年まで連載された。
(原作:浜崎達也)

おすすめポイント・感想・レビュー
デジモンアドベンチャーVテイマー01が終わって2年後に連載が開始したデジモン漫画。

Vテイマー01が名作だったから次のデジモン漫画にも期待してたら、地獄先生ぬ~べ~の作者が描くってことでさらに期待。

前作、Vテイマー01よりも少年漫画感が強い作品になってます。

デジモン好きの為の漫画としては悪くなかったけど、岡野剛作品としては…うーん。

4位 未確認少年ゲドー(みかくにんしょうねんゲドー)

あらすじ・作品解説
女子高生の「結城讃良(ゆうきさらら)」は学校からの帰り道、世界中を旅している未確認生物専門の医者「外堂祭門(げどうさいもん)」と出会う。
実は外堂自身も頭と体が別の生物で出来ている未確認生物だったのだった。
外堂祭門は結城讃良の家に居候しながら未確認生物が起こす様々な事件を解決していく。

おすすめポイント・感想・レビュー
タイトルの通り、今回は未確認生物がテーマ。ぬーべーでもUMAの話はあったよね。

この漫画には色々な未確認生物が出てくるんだけど、この生物は本当にいるんじゃないか?と感じられるくらい、それぞれの未確認生物にちゃんとした設定が作られていました。

特に好きなのは謎編かな?

それに女キャラがやっぱり岡野剛だけあってエロくて可愛いw

ただ5巻はのふしぎ編は一気にバトル物になって、今までの流れと大分違くなるので楽しめない人も多いかもしれない。

全5巻と短いしパパッと読めちゃうので、岡野剛の作品が好きならおすすめ。


3位 霊媒師いずな(れいばいしいずな)

あらすじ・作品解説
オースーパージャンプおよびスーパージャンプで連載されていた「地獄先生ぬ〜べ〜」のスピンオフ的作品。
主人公は、ぬーべーでは弟子のような存在だったイタコの卵、葉月いずな。
高校生となったいずなが妖怪や霊が原因で起こる様々な事件を霊能力で解決していく。
ぬ~べ~のキャラが登場することはほとんどないので、別作品として楽しめる作品。
スーパージャンプの休載に伴い連載終了となった。

おすすめポイント・感想・レビュー
地獄先生ぬ〜べ〜を読んでいた世代なら必ず手に取りたくなる作品。

原作では中学生だったいずなが高校生へと成長し、霊能力もパワーアップしています。

半人前だったいずなが物の怪や霊の類の除霊の依頼を受けるようになっていて、成長をしたいずなを見ることができるので、いずなファンの方にとってはうれしい作品だと思います。

基本的には報酬を条件に様々な事件をを霊能力で解決していく流れ。

青年雑誌に移ったことで、ぬ~べ~と比べるとエッチな描写もグロさも増した感じ。

個人的には「地獄先生ぬーべー」とのつながりがもう少しあってもいいかなとは思ったが、その分ぬ~べ~を読んでいなくても楽しめる作品になっています。


2位 地獄先生ぬ〜べ〜NEO・地獄先生ぬ〜べ〜S

あらすじ・作品解説
伝説の漫画、地獄先生ぬ〜べ〜が(作中でもリアルタイムでも)10年以上ぶりに青年誌掲載になって帰ってきた。
(途中で判明するが)今作ではなんと鬼の手を失っており、戦闘力が段違いに下がっており、前作では簡単に倒せたレベルの妖怪でも苦戦する描写が見られる。
成長し、教師になった京子と、12年ぶりに童守小学校に戻ってきたぬーべーが様々な妖怪事件を解決していく。
今作では当然新しい生徒たちもいて、彼らはそれぞれ現代で新しく出てきた様々な問題(モンペ、ネグレクト等)を抱えている。
過去作のキャラも出てくるが、初代を知らない人でも十分に楽しむことができる作品になっている。
グランドジャンプで連載されていたが、最強ジャンプとのダブル連載となり、最強ジャンプで連載のものは途中から「地獄先生ぬ〜べ〜S」とタイトルが改題された。

おすすめポイント・感想・レビュー
ぬ~べ~が帰ってきた!

前作から時間が流れており、久しぶりに童守小学校に戻ってきたという設定の為、生徒はすべて新キャラ。

その時の流行りと妖怪や霊を上手く絡めたストーリー展開は相変わらず。

ユーチュバーやスマホを題材にしたストーリーなども登場して、初代をしらない人でも十分に楽しむことができる作品になっています。

成長して大人になった、かつての生徒たちが登場するのも、初代のファンには嬉しいポイント。

初代のキャラは、大人になってそれぞれの道を進んでいるけど、やっぱりそれぞれにその年齢なりの悩みを抱えてます。

前作でぬ~べ~が言った「お前たちはずっと俺の生徒だ」という言葉を証明するように悩みを聞き、アドバイスをしてくれ、彼らが少しずつ本当の大人になっていくところは本当にぬ~べ~が帰ってきたと実感させられます。


1位 地獄先生ぬ〜べ〜(じごくせんせいぬーべー)

あらすじ・作品解説
霊能者で小学校教師の鵺野鳴介(ぬえのめいすけ)、通称ぬ~べ~が霊能力や鬼の手を使い、様々な霊や妖怪から生徒たちを守り、問題を解決していくというホラー色強めな少年漫画。
ホラー漫画を軸にしながら、その中に、バトル、友情、恋愛、教養や当時の都市伝説など、いろいろな要素を取り入れており、幅広い読者層を虜にした作品。
ギャグやお色気要素もかなり多く、おそらくこれで性に目覚めた少年もかなり多いと思われる。

おすすめポイント・感想・レビュー
とにかくぬ~べ~がかっこいい!

普段はパチンコが趣味で常に金欠で、生徒に金をたかることすらある絵に描いたようなダメ教師なのに、いざ生徒に危険が及ぶと自分の身を犠牲にしてでも絶対に助けてくれるとっても信頼できて頼りになる先生。

しかもただ守るだけじゃなく生徒が間違ったことをしたらしっかり叱り、正しいことをしたらしっかり褒め、生徒が悲しい体験をしたら慰めてくれるという、まさに理想の大人の男。

これはぬ~べ~の過去からきている行動なんだけどその過去の話がまた泣ける。

登場する妖怪や霊も、水木しげる作品にも出てくるようなオーソドックスな妖怪から、花子さんのような学校の怪談系の有名な霊。そして、それらを上手くアレンジしたオリジナルのものなど、数多くの妖怪や霊が登場します。

そのどれも怖く、大量のトラウマを植え付けてくれました。

また、エロ方面にも強烈な印象を残してくれた作品でもあります。

忘れられないのが、学校中の女性陣(生徒、教師ともに)がパンツを残して裸に剥かれて、そのあと男子がパンツにされて、それを履かなければ男子が死ぬから履くという展開。

こんなの絶対思いつかない。天才すぎる。笑


あとがき

あなたの選ぶおすすめ作品は?

あなたの一番好きな岡野剛作品は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

ランキングはやっぱり真倉翔とのコンビ作品が上位に。

とにかく怖い回、ひたすらエロい回と振り幅がすごかったなぁ。

ラブコメ系のお色気枠の作品ではないのにも関わらず、果敢にエロに挑戦する姿勢は、もはや尊敬。

もはやエロ漫画とも言える設定を、少年誌に載せられるギリギリのラインに仕上げる能力がすばらしい。

実は岡野剛ではなく、真倉翔の方が成人向け漫画出身だったりします。

個人的には岡野剛の描く太ももがたまらなく好き。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です