迫力ある絵柄が魅力!漫画家「余湖裕輝」のおすすめ作品ランキング!

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

一線一線丁寧に描く迫力ある絵柄が魅力の漫画家「余湖裕輝(よごゆうき)」。

息をのむほどの緊張感と圧倒的な戦闘シーン!余湖裕輝の絵は、ただ強烈なだけでなく、キャラクターの眼力や表情がストーリーに深みを加え、読者を引き込みます。

アクション漫画から、エログロからロボットものまで、幅広いジャンルの作品を手がけていますが、中でも、長年一緒に作品を作ってきた脚本担当の「田畑由秋」とタッグを組んだ作品が有名。

そんな独特な魅力を持つ漫画家、余湖裕輝のおすすめ作品をランキング形式で紹介します!息をのむような迫力の絵柄、心を揺さぶるストーリーテリング、深く印象に残るキャラクターデザインが詰まった彼の作品世界を、ぜひこの機会に味わってみてください。

注意

このページは作成中のため、まだランキング形式になっていません。作品が追加され次第追記していきます。

2位 アクメツ

あらすじ・作品解説
漫画家、余湖裕輝と原作、田畑由秋のタッグ再び。
今度は少年チャンピオンを舞台にアクメツが大暴れするバイオレンスアクション漫画。
突如として現れたアクメツを名乗る集団。
自らの利権のことしか考えていない腐った政治家や官僚たちを自らの命と引き換えに次々と断罪し殺していく。
一人一殺を掲げるアクメツ集団の過激な世直しが始まる!
(脚本:田畑由秋)

単なる勧善懲悪ではない!ダークヒーローによる社会風刺アクション漫画!

おすすめポイント・感想・レビュー
「首相が小泉さんだったころの社会を風刺する漫画」と一言で説明するならそうなるけど、実際はそんな言葉で表せない面白い漫画です。

ここまで突き抜けてくれたらもはや爽快!

難しいこと考えずに、仮面のヒーローのアクション漫画としてアクメツのカッコよさを楽しむべし。やってることはダークヒーローだけど、ノリは完全にスーパーロボット系の主人公です。

途中、若干の中だるみはあったものの、最後まで1巻と同じテンションで描ききったのはすごい!前作のコミックマスターJと比べてもラストまでしっかり描かれてます。

余湖裕輝版デスノート
特殊な力で悪を裁くっていう設定から、チャンピオン版デスノートとも言われるこの作品。(こっちの方が先よ)

片や問題作でありながらアニメ化や映画化までされているのに対して、アクメツの知名度はそこまで高くない。

一番の原因は掲載誌。。。よりもアクメツは政治家や官僚をターゲットにしてることだろうなぁ。しかもモデルが容易に想像できるくらい似ている。笑

政治的ネタ扱ってたり、作者の主義主張が強い作品はなかなかヒットしずらいですね。

こんな人におすすめ!
エロス&バイレンス描写が多く、グロシーンもあるので、残虐描写や、主人公の生たちの悪滅行為をギャグやエンタメとして見れない人には合わないと思うけど、痛快なヒーロー漫画として楽しめる方にはおすすめ。

主人公は迫間生じゃなくて、新倉生でも良かったんじゃないかとも思う。ヒロインも長澤詩菜から松坂彩に変えて。

ただ読んでて分かりづらかったっていうだけなんだけどね。偽アクメツが逃げ込んだのも最初、迫間生の学校だと思って読んでたし。自分だけ?

クローン人間は全員同じ顔でただでさえ見分けづらいのに、同じ学生だから余計わかりづらかった。

やっぱ悪だな 死が妥当じゃん

類似作品 こちらもオススメ!

アクメツの方が先に発表しているのにも関わらず、知名度のせいか似ていると話題になった小畑健の『デスノート』。

あと、政治や社会問題を扱いながら理不尽な社会に立ち向かうという設定は、森恒二の『デストロイ アンド レボリューション』とも似ています。

1位 コミックマスターJ(こみっくますたージェイ)

あらすじ・作品解説
『コミックマスターJ』は、田畑由秋が脚本、余湖裕輝が作画を手掛けた漫画業界を舞台にした作品。
伝説のスーパーアシスタントである主人公のJが、締め切りに追われる漫画家たちを驚異的な技術で助けていく。
彼のポリシーは魂のない作品には手を出さないこと。
Jの背後には謎の組織「CLUB」の存在があり、Jの活動はやがてマンガ業界全体を巻き込む大きな事件へと繋がっていく。
リアルな業界描写とダイナミックな作画が高く評価されている。

リアルとフィクションが交錯する熱い漫画家ドラマ!

おすすめポイント・感想・レビュー
『コミックマスターJ』は余湖裕輝の田畑由秋との初タッグ作品。

今後長らく一緒にやっていくコンビの原点ともいえる作品ですが、熱量はすでに最高潮!

ブラック・ジャックのようなカリスマ性を持つ主人公のJが、漫画業界の裏側で繰り広げるドラマチックな物語に心を奪われます。

漫画業界の裏側をリアルに描きつつも、過度に誇張されたフィクションが絶妙に絡み合います!

やってることはアクション漫画のノリなのに、リアルにこんな現場ありそうと思えるエピソードがいっぱい。実際にニュースになったりする事柄を、コミックマスターJにこんな話あったなと思い出すことも。

魅力的なキャラクターとエピソード
主人公のコミックマスターJを始めとして、つまらなくなってしまった漫画の最終回を勝手に描いて連載を終了させてしまう連載終了請負人のジ・エンドこと延道断や漫画のキャラが勝手に動き出すことを決して許さない釈迦丸先生。

などなど、作中に登場する架空の編集者や漫画家たちもとにかくアクが強すぎて魅力的。

かつて売れていた漫画家を船に閉じ込めてひたすら漫画を描かせて、当時のコミックバンチのような夢の雑誌を創刊するエピソードが好き。笑

短期連載でもいいから続編が見たい!
マンガ業界でいろいろな事件が起きている今こそ復活してほしい。短期連載や読み切りでもいいから定期的に続編描いてくれないかな。

近年のAI作画問題や原作改変問題なんかも取り上げて、Jがどう切るのか見てみたい。

「だからこそだろうが!」と一喝されそうですが。笑

こんな人におすすめ
バクマン?編集王?重版出来?アオイホノオ?おいおいコミックマスターJを忘れてないかい?

漫画を題材にした作品が好きなら、絶対に『コミックマスターJ』も読んでみてください!

よくある漫画家マンガではないので、漫画を題材にした作品を紹介するサイトでもめったに上がってこないけど、おすすめです。

コミックマスターJ…良い作品です。

類似作品 こちらもオススメ!

パッケージとしては手塚治虫の『ブラックジャック』や『七色いんこ』のような感じだけど、作品全体のノリは『吼えろペン』。島本和彦作品が好きなら間違いなく楽しめるはず。

あとがき

あなたの選ぶ余湖裕輝のおすすめ作品1位を教えてください!

あなたの一番好きな余湖裕輝作品は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です