平本アキラのおすすめ作品ランキング!画力の高すぎるギャグ漫画家!

平本アキラ

「平本アキラって絵下手くそだな~」「平本アキラてクッソ絵が上手いな~」

このどちらもが当てはまる漫画家はおそらく平本アキラ(ひらもとアキラ)をおいて他にいない。

『アゴなしゲンとオレ物語』で衝撃的な連載デビューを飾った鬼才。連載当時は小汚い絵、強烈過ぎるキャラクターが印象的なギャグ漫画家だったが、連載を重ねるごとに画力の成長が凄まじい!

昔、漫☆画太郎が『まんゆうき』の時に女の子だけ別人が描いてるんじゃないかと言われたことがあったが、それすら越えてくるほどの変化っぷり。

そのあまりの絵柄の変化は、作画担当の平本アキラと原作担当の平本アキラがいるんじゃないかと思うほど。

『監獄学園』の作者が『アゴゲン』の作者と同一人物だと気づかなかった読者もたくさんいたはず。

デビュー当時は、セリフ回しや勢いで押すギャグが主体だったが、近年では高い画力を活かした唯一無二のギャグ漫画家となっている。

今回は、進化が止まらない!画力が高すぎるギャグ漫画家「平本アキラ」のおすすめ作品ランキング!

3位 俺と悪魔のブルーズ(おれとあくまのブルーズ)

あらすじ・作品解説
1920年代のアメリカ。主人公のRJはブルースを聞くのが好きな平凡な黒人少年。
ある日、十字路の悪魔と契約を交わしてしまい、ブルースマンとしての才能を開花させることになる。
平本アキラによる、ロバート・ジョンソンの「クロスロード伝説」を題材にした作品。
絵柄もストーリーも他のギャグ作品とは全く違う作品に仕上がっている。

おすすめポイント・感想・レビュー
改めて作品によって絵柄から変えられる平本アキラの凄さ!独特のタッチの高い画力が炸裂しています。

オチャラケなしの状況で描かれるRJの「本気」の描写は、まさに悪魔に操られているかのようでした。

当時のアメリカ南部の雰囲気や歴史観も良く出ています。

基本的にギャグは一切ないので、平本アキラのギャグ漫画が好きな人は注意。

ブルーズとブルースってどっちが正しいんだろ?
日本だとブルーズより、ブルースって発音の方が馴染みがありますよね。


2位 アゴなしゲンとオレ物語(アゴなしゲンとオレものがたり)

あらすじ・作品解説
零細企業の運送会社「アゴナシ運送」の社長のゲンと、その会社の社員ケンヂ。
2人の日常を描いたハイテンションギャグ漫画。
基本は1話完結スタイルのギャグ作品で、漫画家、平本アキラの連載デビュー作。
週間ヤングマガジンにて1998年から連載され全32巻で完結。

おすすめポイント・感想・レビュー
息つく暇もなく放たれるえげつない下ネタ。

それが特に理由もなく読者を襲う!!

圧倒的なキャラクターのインパクトのみで無理矢理突っ走っていくのがこの漫画。笑

『稲中卓球部』以降、大量に生まれた下品なギャグ漫画の中ではトップクラスに面白い作品だった。(古谷実の影響受けてるかは知らんけど)

とにかく主人公がキモいのに、不思議とどんどん読み進めてしまう…。謎の魅力に取り付かれた人も多いはず。

読み終わったあとには独特の虚無感。

更にどの感情を満たしたのか考えてもよく分からない謎の満足感に包まれるでしょう。

最終巻向かうにつれて作者の画力急上昇したことでも有名。

ケンヂの彼女のちいちゃんがとんでもない美人に変わっていきます。笑

名言・名セリフ

「デラ・ベッピン!」


1位 監獄学園(プリズンスクール)

あらすじ・作品解説
女子校だったが、今年度から男女共学となった私立八光学園。
そこへ入学してきた初めての男性生徒、主人公のキヨシ、そしてガクト、シンゴ、ジョー。アンドレの5人。
女子1016対男子5という驚愕の男女比率の中、5人は性欲を抑えきれず女子風呂の覗きを決行するが、あえなく捕まってしまう。
ノゾキの罪で懲罰棟(通称プリズン)へと入れられ、学校にいながらにして囚人生活を送らざるをえなくなった5人。
監獄を統括するのは裏生徒会の美女3人の目をごまかし、脱獄を企てる男たち。
男子生徒5人と裏生徒会との学校生活を賭けた戦いを描いたハイスクールコメディ!
『アゴなしゲンとオレ物語』の漫画家、平本アキラによるハイテンションギャグ漫画。
講談社漫画賞を受賞、2015年にテレビアニメ化、その後、中川大志主演でテレビドラマ化もされている。

おすすめポイント・感想・レビュー
はちきれんばかりのケツ!飛び散るシル(汁)!

よくこの漫画アニメ化OKされたよね。笑

本来は「脱獄」を目的としていたはずなのに、そんなことどうでもよくなるくらい脱線が楽しい。

むしろあいつら本当に脱獄する気あんのか。

そして総じて女の子がかわいい。何より絵がうまくて女子生徒のタッチがエロい!

エロくて面白い、面白くてエロい。

下ネタ苦手じゃなければ間違いなくおすすめのギャグ漫画。


あとがき

あなたの選ぶおすすめ作品も教えて下さい!

あなたの一番好きな平本アキラ作品は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

ランキングは迷ったけど『監獄学園』に。初期からのファンだとアゴゲンの方が評価は高いのかな?

エロと笑いがめちゃくちゃ高いレベルで、これほどまでに両立している漫画は初めてだった。そんな唯一無二のギャグ漫画として1位にしたい。

画力で高い漫画家が、くだらないことを全力でやったらこんなことになるんだって衝撃は忘れられません。

改めて読み直すと、本当にいろんなアングルからキャラを描いているよね。見せ方が上手すぎてどんなくだらないストーリーでも楽しめちゃうのがすごい。

個人的にこの人は引き伸ばしの天才なんじゃないかと思ってる。

まあ、とりあえず平本アキラが尻フェチであることだけは間違いがない。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です