実は女性漫画家!荒川弘のおすすめ作品ランキング!

荒川弘

実は女性漫画家、荒川弘!(つい最近知ったんです^^;)

なぜか「あらかわひろし」と検索してもちゃんと引っかかるが、読み方は「あらかわひろむ」

書く漫画のほとんどが賞を受賞してしまう人気漫画家。タイアップも含めて、いろんな雑誌でヒット作がほんとに多いです。

最近は、休載が多くて残念。

今回はそんな荒川弘のおすすめ作品をランキングにしてみました!

4位 アルスラーン戦記

(作品解説)
国を征服された王子が立ち上がる田中芳樹原作、荒川弘漫画の渾身の作品。
14歳で初陣を迎えた王太子アルスラーン。
しかし無敗を誇っていたパルス軍だが戦場の不可解な霧や味方の将軍の裏切りによって大敗北を喫してしまうこととなる。
戦場の中、生き残ったアルスラーン王子は国を取り戻すために立ち上がる。

(感想)
ファンタジー小説が原作なだけにストーリーや設定はしっかりと作りこまれてる。ひと頃よりファンタジー小説で興味ない人たちまで巻き込むヒット作品って少なくなったな。

荒川弘のファンタジー作品がそこまで好みじゃないんだけど、アニメは面白かった。今のところアニメ版をそのままなぞっている印象。エヴァの時もそうだったけど、アニメ先行の作品は純粋に漫画だけの評価付けづらい。

実はこの作品、コミカライズ化されるのは二度目です。一作目は中村地里の少女漫画。荒川作品とは全く別物なので気になった人は読んでみては。

荒川アルスラーンの方がだいぶ少年らしく描いてます。小説版のイメージがどっちよりなのかは読んでないのでわかりません。

とりあえずキャラの名前を覚えられないことが問題だ。

ガンダムだとフルネームで覚えられるのに。

3位 百姓貴族(ひゃくしょうきぞく)

(作品解説)
あの、荒川弘の原点がここにあり!
生まれも育ちも北海道。
開拓農民の血筋と、自らも漫画家になる前の7年間を農家として過ごしてきた生粋の百姓貴族のエッセイ。

(感想)
北海道酪農家の生活を荒川弘らしいコメディタッチで描いています。

他作品の巻末に載ってるおまけ漫画ね。ほぼあの感じ。

「ありえない!」を連発してしまうほどの酪農家エピソードの数々。父親のエピソードは、この親父をハリウッドに連れて行ったほうがいい!!と思わせるダイナミックさ。

それでも、面白いだけの話になっていないのは、農家の目線で語られる厳しい現実(規格外品の廃棄、牛乳の生産調整など)が、荒川さんの実体験として描かれているからだと思います。

日本初★農業エッセイ漫画を堪能させてもらいました。

2位 鋼の錬金術師(はがねのれんきんじゅつし)

あらすじ・作品解説
科学ではなくて錬金術が発達した架空の世界を舞台にしたファンタジー。
主人公のエドワード・エルリックとその弟アルフォンス・エルリックは禁忌とされる人体錬成を行ったことで体を失ってしまう。
失った身体を取り戻すため、なんでも願いが叶うという賢者の石を求めて兄弟が旅をするストーリー。
発行部数が5000万を突破し、おそらくガンガンで一番売れたマンガ。
また、最終回が載った号の雑誌が至る所で売り切れ、2か月後位に再び雑誌に最終回が載ったのは有名な話。
二度にわたってテレビアニメ化されるなど高い人気を誇る作品で、小学館漫画賞や手塚治虫文化賞新生賞など数々の有名漫画賞を受賞している。

おすすめポイント・感想・レビュー
ヨーロッパの伝説を下敷きにしたダークファンタジー!

  • 両手を合わせてみたり、指パッチンで火を出したりというわかりやすい錬成ポーズ。
  • 中二心がくすぐられる七つの大罪から取られた敵のホムンクルスたちの名前。
  • 命という重いテーマを扱いながらも暗くなりすぎない絶妙のバランス
  •     

  • 間にはさまれる心に響く名言

などなど売れる要素が盛りだくさん。

「錬金術」「賢者の石」「ホムンクルス」みたいな単語にワクワクする人には無条件でおすすめ。

ストーリー構成もしっかり練り込まれていて、最初から最後まで飽きることなく読み進められます。途中退場かなと思ったキャラが再登場したり、テンションが上がる場面も。

ダークファンタジーではあるけれど、エドとアルの兄弟の愛情を主軸に描いてるので、少年マンガの王道的な部分もばっちり入ってる作品。

好きなセリフは、一巻の「立って歩け。前へ進め。あんたには立派な足がついてるじゃないか。」足を失っているエドワードだからこそ響く名言です。

女性漫画家、荒川弘だからこそ描けるセンスも発揮していて女性ファンが多いのも特徴の作品。

1位 銀の匙 Silver Spoon(ぎんのさじ シルバースプーン)

(作品解説)
やりたいことはない。夢もない。勉強が好きなのに挫折した…。
逃げ込んだ先は農業高校。
未知の世界だったけど、どんどん興味が湧いてくる…。
「マンガ大賞2012」受賞の青春漫画!
八軒くんの成長がすごい。
共感・感動できるし、専門知識が色々でてきて本格的だけど理解しなくても読める。

(感想)
くそう!こんな漫画が書ける作家さんだったとは。ごめんなさい。

ガンガン系の漫画がイマイチな自分にとっては衝撃だった。サンデーに移っただけでこんなに評価が変わるとは。ファンタジー系の作品描いてるより時よりよっぽどいい。好き。

ハガレンや獣神演武などガンガン系の荒川弘作品が合わなかった人にもおすすめ。

作者自身が農業出身だからか知識がしっかりしてる。でも理解しなくていいよ、というような感じのシーンが入れ込んであるから、サクサク読める。印象に残ってるのは八軒くんが頑張った末にご飯を食べて「うめぇ~!」と言ってるところ。

夢がないとか自分に自信がないところが、すごい共感できる。

物語も終盤に入ったところで休載が多くなってしまったのが残念。完結したタイミングを待ってまとめ読みすればよかった。

「3.11を忘れないために ヒーローズ・カムバック」という震災復興を目的としたの単行本に
番外編が掲載されてる。八軒くんの小学生時代の話。なぜか連載作品で唯一の参加。全然カムバックじゃないし。銀の匙は好きだけど、正直言えば他の漫画を入れて欲しかった。

「西森博之」「久米田康治」とかさ。
あーいつの間にかヒーローズ・カムバックの話になっちゃった。

今すぐ読んで見る
サンデーうぇぶりで基本無料!(2021/4/12時点)

あとがき

良かったら好きな作品教えて下さい。

あなたの一番好きな荒川弘作品は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

荒川弘は人気作が多くてランキング付けづらかったなぁ。

銀の匙とハガレンどっちのランキングが高いかで好みがわかる感じ。

アニメ評価も入れるならハガレンの方が上に来るんだけど。アルスラーンは今後の展開で評価変わりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です